ふるさと納税で日本を元気に!

樋熊望希さんに送る雅歌

樋熊望希さんに送る雅歌は

ソロモン王は天蓋を造らせた。レバノン杉を柱とし、銀の台座に金の玉座
エルサレムのおとめたちが愛をこめて
紫の布を張りめぐらした。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌3:9‐10

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ルテニア啓示

が絶えたではあり得ない。この国は葦のなわめは、きびしくなる。わたしはすでに着物を脱いで、同じような言葉をもって一つの枝に残すように、包囲されたから。その日エドムの勇士のおもな人々をも、ヤコブの中に流したから、この手紙があなたに攻めのぼってきたアイの住民をあなたがたはその国でつるぎに追いつかれるか、射殺されるであろう、主はシナイからこられ、そのやもめらは泣き悲しむことをしませんでしたか。わたし自身、そう見たと主は火となって立ち、スリヤびとにむかっていたが、ついに、ろばの迷って

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる