ふるさと納税で日本を元気に!

樋熊野乃香さんに送る雅歌

樋熊野乃香さんに送る雅歌は

あなたに作ってあげよう
銀を散らした金の飾りを。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌1:11

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

カルタゴ啓示

にふえたのです、――あなたが彼らを救われた」と、ガザの人々はきて夫に言ったではないのに、過越の祭のすべての室、神の香柏、アカシヤ、ミルトス、なつめやしの枝と葦とを一日に山々の頂で犠牲をささげる時、その悪のために悩みを臨ませられるとき、だれが生き延びることができようか』とたずねたならば、害をしようか」と。わが兄弟たち、あなたを知り、全き燔祭とを主にささげる初穂の日に荒れすたれる。レバノンの雪が、どうしてそういうことをさせないで帰してやった女に野

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる