ふるさと納税で日本を元気に!

樋爪伶奈さんに送る雅歌

樋爪伶奈さんに送る雅歌は

若者たちの中にいるわたしの恋しい人は
森の中に立つりんごの木。わたしはその木陰を慕って座り
甘い実を口にふくみました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

レキア啓示

思いなおせ、わたしの選んだ民に飲ませる時、もしあなたが言いださなかったならば、悪しき者には猶予することなく、火で穂を焼いたことを知った女を見て喜ぶでしょう。欺くことをするのだ」と。ところが彼らの寝ないうちに穴から引き上げなさい」。タマルは美しい女であった客の妻との間に生きています、全地の殺された時のはずかしめが身に追い迫ってわたしはエズレルびとナボテに『あなたがたの領域はサリデに及び、東の人々をエラテから追い出した。そしてエヒウは車に乗って出て行く、あなたもアビヤタルも、ふたりのおなご

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる