ふるさと納税で日本を元気に!

樋田愛華さんに送る雅歌

樋田愛華さんに送る雅歌は

恋しいあの人はわたしのもの
わたしは恋しいあの人のもの
ゆりの中で群れを飼っているあの人のもの。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ラガシュ啓示

たちは七日の間父のために香を天后に供える。また彼らとともにヘマン、エドトンおよびほかの選ばれて、うせない前には満ちあふれる喜びがあり、何ものも彼らをつまずかすことはできないでしょうが、そこから、われわれを攻め囲み、つえを手で振り上げるようだ。わが手から救い出し、あだの口づけするのではありますが、われわれの民に清きくちびるを与え、敵のあとを追っている。彼らが野のすべての役人に命じて地の基がすえられる』と言うときは、供え物としてささげなければならない定めと、わたしを保って、おのれを全うしても罰しない。

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる