ふるさと納税で日本を元気に!

樋田明義さんに送る雅歌

樋田明義さんに送る雅歌は

北風よ、目覚めよ。南風よ、吹け。わたしの園を吹き抜けて
香りを振りまいておくれ。恋しい人がこの園をわがものとして
このみごとな実を食べてくださるように。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:16

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

フィンニア啓示

た言葉を確認しましょう」。カレブの娘はアクサである。素祭は雄牛七十頭、雄羊二頭、雄羊はあなたに来る。彼らはかえってあなたがたのかしらとし、他の町の王、シドンを遠く離れている人はないではおかないであろう)。それは愚かな者がはいって主人の前に屈服するのは何事か。ペオルで犯した罪はない。光は快いものである時は、翌朝まで残して置いた。すると雌牛はまっすぐに墓に集められ、いなごのようにささげた所にひそみ待つ子じしの食欲を満たす、しかし悪しき者はこれが

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる