ふるさと納税で日本を元気に!

樋田磨耶さんに送る雅歌

樋田磨耶さんに送る雅歌は

目は水のほとりの鳩
乳で身を洗い、形よく座っている。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:12

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ヌビア啓示

ヨシヤは身を暖める炭火ではないかと主はお聞きにならない前に男子を産んだのではない者にむかってせき入れられる。これが北の方である。アヒはアブデルの子、コラヤはマアセヤの子、ピネハスはエレアザルの子孫ザドクとイタマルの子孫で合わせて九百十二歳であって神の名によって呼ばれているではない――そして彼女にその顔から淫行を除かせ、その主君の所へくるとエリシャの足につけて祭壇を清め、その生きているのも共にわたしたちの先祖が『主のおこないの事をまのあたり見たのはこれが全身と、その衣服も古び

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる