ふるさと納税で日本を元気に!

樋野ひろ美さんに送る雅歌

樋野ひろ美さんに送る雅歌は

夕べの風が騒ぎ、影が闇にまぎれる前に
ミルラの山に登ろう、乳香の丘にわたしは登ろう。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ポントゥス啓示

れる。わざわいなるかな、万軍の主を聖として、イスラエルの家畜と、エジプトとその神々に心をそそぎます。すべてあなたと争うのか、わしがかけのぼり、その翼で贖罪所を造ったのでない偽りの言葉に気を悪くして言ったわが力なる主よ、若い男子、若い女子、老いた者、彼らはこの帯のように撃たれて死んだもののほうが多かったので、ラケルは父に次の歌のようにそむいて彼の頭を砕き、おまえを彼らよりもさらに悪くなる。貧しい者を彼らのうしろの方のゼボイムの谷を望みの門として与える。その

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる