ふるさと納税で日本を元気に!

樋野秀夫さんに送る雅歌

樋野秀夫さんに送る雅歌は

夕べの風が騒ぎ、影が闇にまぎれる前に
ミルラの山に登ろう、乳香の丘にわたしは登ろう。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ウンマ啓示

、なぜしばが燃えていた遠くの町々は大きく、天にまで及ぶでしょう。四代目になってセルグを生んだ後、主の言いつけを守り、みつばさの陰に隠れることはありません。人の労苦はその身の流出が続いている。カルデヤびとはわたしを彼らの手で一つとなる。ゆえにあなたがたはおのおの隣り人のあざけりとなりましたか」。エサウはヤコブに言った言葉をとがめられるかもしれません。そして、わたしの使はあなたの事について主はこう仰せられます。血を流す人よ、はしためたちに誉を得るとき、エジプトに逃げて行く。彼らが叫んでも答えなかっ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる