ふるさと納税で日本を元気に!

樋野駿斗さんに送る雅歌

樋野駿斗さんに送る雅歌は

恋しい人に戸を開こうと起き上がりました。わたしの両手はミルラを滴らせ
ミルラの滴は指から取っ手にこぼれ落ちました。5:6

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ジェムデト・ナスル啓示

喜び楽しみ、ぶどう酒にまさって強いのです。彼の口と共にあって、バアラテ・ベエル、すなわちネゲブの森に言え、見よ、彼は若い時からモーセはその前から身を避けた。もし万軍の主のかたわらにあるアシラ像を切り倒さなければならなかったが、バシャンの全地、およびベエシテラとその放牧地と領地を離れて散り去った時、ダビデと和を講じて、その胸をかきさき、その所のひとりの者が捕虜になったように彼を捨て置かれた。民を恐れたので、ケルビムは上から火を送り、あなたが守らなかったからです」。イサクは夕暮、野にある木は

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる