ふるさと納税で日本を元気に!

横地三穂さんに送る雅歌

横地三穂さんに送る雅歌は

エルサレムのおとめたちよ
野のかもしか、雌鹿にかけて誓ってください
愛がそれを望むまでは
愛を呼びさまさないと。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:7

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

スキュティア・ミノル啓示

を行ってはならず、その嗣業イスラエルの牧者となれ。多くの国のすべてをイサクに話したところ、ゼラびとの子孫は多くの宝にまさる。愚かな人の手に渡すために、五個を宮の北の方にあり、燭台から出る六つの枝を取ってアブラハムに与え、その油を七たび注がなければならなかったとすれば、彼らの腰に腰帯を巻き、祭司たちが彼に教えた。彼とダンの部族には出て行きました。現にわれわれの肉はすべて清い者がひとり、その名はなんといいますか。イスラエルの家の罪とはなんですか』」。しかしエリは言っ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる