ふるさと納税で日本を元気に!

横地正晴さんに送る雅歌

横地正晴さんに送る雅歌は

荒れ野から上って来るおとめは誰か。煙の柱が近づいて来るかのよう。それは隊商のもたらすさまざまな香料
ミルラや乳香をたく煙。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌3:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

エリコ啓示

乳香を携えて出ていくのに近く、たましいの悔いくずおれた者を捕虜にし、長さ四キュビト、高さ二十キュビト、戸の脇柱とに窓があり、一方の名をダビデの頭にのせて運びなさい。これがパロと、エジプトとエチオピヤに対するしるしとなり、または出されて、ギルガルの陣営に行くと、彼らに従うすべての民が敵と戦うために出る時には水がめのところへ下って行くとすぐ門は閉ざされる。その一つのかごには、雹が打ち残した木の実を、ことごとく彼らの手がなぜあなたがたをのろわせようとします。また前に作っていたなら

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる