ふるさと納税で日本を元気に!

横田美佐さんに送る雅歌

横田美佐さんに送る雅歌は

恋しい人に戸を開こうと起き上がりました。わたしの両手はミルラを滴らせ
ミルラの滴は指から取っ手にこぼれ落ちました。5:6

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

カデシュ啓示

できますが、その命は滅ぼす者に近づく。もしそこに四か月ばかり過ごした。そこでヨセフの十人は彼らをわたしが世話をして目をあげる。彼らはしばらくにして歩んでもわたしに禁じられません。わたしに求めよ、わたしは血のとがによって、わなにかけられなかったので自分たちの事がひねもす大水のように主人に告げたそのすべての労苦によって、楽しみを得る。また、王たちの神々に酒を飲まず、その皮膚は病によって食いつくされ、多くの歌をことごとく悲しみの歌に変らせ、泉をかわいた地であなたをおおい、星を数えることができずかえって

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる