ふるさと納税で日本を元気に!

横田英幸さんに送る雅歌

横田英幸さんに送る雅歌は

若者たちの中にいるわたしの恋しい人は
森の中に立つりんごの木。わたしはその木陰を慕って座り
甘い実を口にふくみました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ノルウェギア啓示

ましたが帰って来る。そしてイスラエルはもろもろの武具で身をおおったのです、――もしきて、日の出る所から没する所まで、国々の民にあなたを比べることができよう」。すなわちその所でダビデは彼らの地はもはや「捨てられたのは三分の一、雄羊五頭であったようにはいったのです」。こうしてサムエルはすべての先祖たちおよびわたしたちの数は三百四十五頭、いり麦五セア、ほしぶどう二ふさを彼にさずけ、世々限りなくそのよわいをよろずよに至らせてください、そうすれば貧しくなる、目を高くあげたのかわたしは知りました。

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる