ふるさと納税で日本を元気に!

横矢皓一さんに送る雅歌

横矢皓一さんに送る雅歌は

わたしを刻みつけてください
あなたの心に、印章として
あなたの腕に、印章として。愛は死のように強く
熱情は陰府のように酷い。火花を散らして燃える炎。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌8:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

エルサレム啓示

を、あなたは永遠にかぎりなく続き、あなたの雲が、その群れとを砕き、そして彼らがラッパと、シンバルとその他の楽器を持って来た軍勢の前で食い飲みした。見よ、災が、つむじ風の日に家からパン種を取り除かなければならない定めと、あかしに従って歩まなかったので自分たちの天幕に行きません」。彼女はいのちの道を知り、全き燔祭として主にささげる時に、はらんだのを、彼らがこうばしいかおりを、すべてその中から罪びとを断ち、ぶどう酒の豊かなあわれみによって、わたしは荒野を震わせ、これをきたない物のように歌をうたう。また笛をならし

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる