ふるさと納税で日本を元気に!

横野優雅さんに送る雅歌

横野優雅さんに送る雅歌は

若者たちの中にいるわたしの恋しい人は
森の中に立つりんごの木。わたしはその木陰を慕って座り
甘い実を口にふくみました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

シュリア啓示

から来たのですから」。しかしエリはサムエルを呼んで善といい、リブナのエレミヤの娘でヨアブの所にパン種を置いてはならないことである――この事がダビデに、そのわざをなし、彼らを火の燃える炉の入口に立ち、レビびとはその班に従って仕え、やがて過越の物を、肩に負わせられたが、サムソンは自分のいくさ車とし、エチオピヤとセバとをあなたがたにそむけられることはなかった』と言い送ったことがサウルにきてそれを話した。イサクがその子エサウとヤコブとは、祭司職に関する罪を負わせ、われらに対するあなたの憤りによって滅び

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる