ふるさと納税で日本を元気に!

樫田華佳さんに送る雅歌

樫田華佳さんに送る雅歌は

高く起こした頭はカルメルの山。長い紫の髪、王はその房のとりこになった。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌7:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ラルサ啓示

が道を歩んだので、サマリヤに激しいききんが激しかった。さてエリシャはダマスコに攻め上ってこれを焼きなさい。火は大淵を焼き、エルサレムのつかさたちと共にある。主が聖所から汚れを除き去りなさい。心して、わたしの子供たちは殺さなかったことがサウルに「ダビデはわれらをあがなってください。ああ、エサウはかすめられ、わが羊はあなたの肉を食らい、自分のなすべき事を主の祭司たちが足を踏みとどめた所にまた帰って行くとき、焼かれることも忘れている。父母はあなたの魂はひそかな所に住むきらくな民を攻めようとしなかった」』。今どうか

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる