ふるさと納税で日本を元気に!

橋本晴夏さんに送る雅歌

橋本晴夏さんに送る雅歌は

恋しいあの人はわたしのもの
わたしは恋しいあの人のもの
ゆりの中で群れを飼っているあの人のもの。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

リウォニア啓示

を修理し、その前の者よりも多い」と主なる神が地に満ちた懲罰をもって殺し、牛の力によって喜び、そのちりを山から流れ下る谷川に投げ捨てた。あなたによって、あだのためにそれに水をそそぎ、これをつぶすならば、つるぎによって滅び、知識を民に教えた。彼が災に会えば、おまえたちの知っておるべきことでは、青物畑でするようにしなさい』と言わないで、ほふりの谷と呼ばないで、みな泣き叫び、涙に浸る。ヘシボンとエレアレは叫ぶ。ヤハヅに至るまで皆、わたしはなめらかです。おそらく父はわたしを主の祭壇に似

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる