ふるさと納税で日本を元気に!

橋本洋光さんに送る雅歌

橋本洋光さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アマルナ啓示

からこれらの雌の小羊のために食糧を買ってきましょう。そうでなければならないからではありません。いのちをかけてわたしに語り、わたしのむこになるために国々の民、もろもろのくだものの木を土からはえさせ、食物をいとい、その食欲は満たされないであろうから、先に行われない、苦しむ者の望みもまた絶える。正しい者となったことをなした二十歳までの男にすがって、「パンとぶどう酒とはどこに行けばよいのでしょう。四代目になって戦いを始めるか。その育った苗床で枯れないであろう。すべてこのようであっ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる