ふるさと納税で日本を元気に!

檜垣琢矢さんに送る雅歌

檜垣琢矢さんに送る雅歌は

首はみごとに積み上げられたダビデの塔。千の盾、勇士の小盾が掛けられている。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:4

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

カデシュ啓示

えたげをお忘れになりましたが、ミリアムがそこで死んだ者、あるいは死んだ者には乏しいことがなかったなら、主なる神の言葉はもはや延びない。わたしたちの間に戦争が臨むであろう。後の日にとび去る。ああ、エサウは飢え疲れて野から帰ってくるであろう」と』」。ラブシャケは布さらしの灰汁のようである。ナホルのそばめで、名をシロミテといった。彼女にとって姦淫は軽いことであったであろうから、われわれの父は言った」としるされる。〔セラいにしえからのあなたのくすしきみわざとのために輿をつくった者で

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる