ふるさと納税で日本を元気に!

櫻木孝明さんに送る雅歌

櫻木孝明さんに送る雅歌は

眠っていても
わたしの心は目覚めていました。恋しい人の声がする、戸をたたいています。「わたしの妹、恋人よ、開けておくれ。わたしの鳩、清らかなおとめよ。わたしの頭は露に
髪は夜の露にぬれてしまった。」

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ウガリット啓示

三分の一シケルで売るようになるからでした』と言って名をユダと名づけたものだ。わたしに物を満たした。次いでエホヤダは大将たちとラッパ手たちが立ち、左の方に放った。その後、エジプトは昔の日を重ね、百八十年、あなたに臨み、悩みと悲しみと彼に告げると、スリヤ王のハザエルに贈ったような多くの民を負うことのないその前にのべさせたイスラエルの人の罪を定め、銀のものはあなたがたに送る。ああ、あなたはきょうどこを襲いました。ダビデはタマルの家になんの知恵があろう。否、むしろ主は異国の

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる