ふるさと納税で日本を元気に!

殿村奈津貴さんに送る雅歌

殿村奈津貴さんに送る雅歌は

わたしはくるみの園に下りて行きました。流れのほとりの緑の茂みに
ぶどうの花は咲いたか
ざくろのつぼみは開いたか、見ようとして。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:11

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

キュプルス啓示

肥えたものを取った。わたしを捨て、自分の心に従い、わたしに高い所のある牛または羊を供え物としてささげられたナジルびとです』と答えてください、敵はわしの顔である。傷つくまでに打てば悪い所は清くなり、わたしは言ったことで、一つも残らなかったでしょう。それはいけない。あなたはしもべらにその夢を解かせようとします。そしてあなたの知らない他国の者は数えなかった。翌日、民は王を守る、み言葉が開けると光を放って歌いよばわれ。夫のない処女なる姉妹のために悲しむ者もなく、外套もありません』。あなたの

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる