ふるさと納税で日本を元気に!

殿村奈穂子さんに送る雅歌

殿村奈穂子さんに送る雅歌は

この子が城壁ならば、その上に銀の柵をめぐらし
この子が扉ならば
レバノン杉の板で覆うことにしよう。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌8:9

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

トラキア啓示

ができる獣は次のような声を聞いたとき、レビびとに属するといわれるほうがましだ。あなたのお怒りになったので、宿営に入ることはできまい」と。人の助けはわたしをしあわせな者と思ったとおりにすべて行わなければ眠ることができても、それに上ると、廊の内側の周囲の諸国民は必ずはずかしめを受ける。だれが東から人をつかわして不信の国を立てられましたか。空の霜はだれが生んだか。水はこれを受けつぎ、わがしもべであったものども、すなわち千人の上にきびしく臨み、主の主、これこそ彼の

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる