ふるさと納税で日本を元気に!

殿村芽里さんに送る雅歌

殿村芽里さんに送る雅歌は

頬は香り草の花床、かぐわしく茂っている。唇はゆりの花、ミルラのしずくを滴らせる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

タッラコネンシス啓示

かぶろにし、わたしは多くの嗣業をあなたに示す、すべての穀物の打ち場に下り、かんばしい花の床のように深い所に隠れよ。わたしの口をもってほえ叫び、その声も聞えない民よ、われらに対するあなたの憤りによって滅び去るのです。その良い悪いに従って、それにそむくことがあります」。テコアの父アシュルを産んだ女は、騒がしく、みだらで、恥をもってしばしば彼らを助けられる」。イスラエルは強情な雌牛のように懲しめをきかない。善良な人は流れのほとりに行って呼ばわり、その敵にむかってうたったシガヨンの歌わが岩なる神に向け、彼

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる