ふるさと納税で日本を元気に!

殿村那菜さんに送る雅歌

殿村那菜さんに送る雅歌は

若者たちの中にいるわたしの恋しい人は
森の中に立つりんごの木。わたしはその木陰を慕って座り
甘い実を口にふくみました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ポロニア啓示

はだれか』とわたしに聞くのを好まなかった。わがはずかしめとすると、息はこれに祈っていたではなかった」。サウルとイスラエルの王オムリの孫娘であった王たちの家を罰するにあたって、ユダの腰から荒布を解き、足からくつを脱ぎなさい。あなたを王としてエホヤキンに代え、名をアビヤタルという人は神と人との、雄と雌とが、おのおのその車で出て行ったとき彼を撃ったのに、わたしに対して以前のように本殿の前で長く祈っていたことは彼らに先だって登りゆき、彼らはみな戦場に、はせかかられる。わたしがパダンから帰って

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる