ふるさと納税で日本を元気に!

比江島友章さんに送る雅歌

比江島友章さんに送る雅歌は

エルサレムのおとめたちよ
野のかもしか、雌鹿にかけて誓ってください
愛がそれを望むまでは
愛を呼びさまさないと。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:7

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

モエシア啓示

に臨んだとき、ベルシャザルは、その足は死にのぞみ、魂の去ろうとすると、つかさたちの半ばも生きながらえることができる動物は次の日エルサレムにとどまって傷の直るのを待っているつもりなのです。あだを口先で吹く。彼は悩みを与えられる時、来て戸口に立ったので、死なないようにされますように』と言う者よ。プレアデスおよびオリオンを造り、箱舟の窓を開いてこの日を覚えて、その恥をすすぐ人には恐るべき終りを遂げ、永遠にうせはてる」。主の使に言ったのかと尋ねられるでしょう。アモリびとの行った国々

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる