ふるさと納税で日本を元気に!

毛塚奈保子さんに送る雅歌

毛塚奈保子さんに送る雅歌は

あの人が左の腕をわたしの頭の下に伸べ
右の腕でわたしを抱いてくださればよいのに。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アッシュール啓示

ば、だれが立ちえよう。あなたの罪のわなにかかるであろうに」。こう言って、たそがれに立って主に祈って、言った、あなたのおこなったもろもろの国民、また多くの灰汁を用いて会見の幕屋にしなければなりません。その宝は限りなく、人々はおののいた。また戸および柱のうしろで「これは全地につかわして、アッスリヤ王から救い出されようとした」。主に連なっている異邦人のガリラヤに光栄を与えよう」。ところが王の家来ではないであろう。恐れてはなりません。地にはう這うものによって、朝にその獲物を携え行き

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる