ふるさと納税で日本を元気に!

毛塚奈都さんに送る雅歌

毛塚奈都さんに送る雅歌は

手はタルシシュの珠玉をはめた金の円筒
胸はサファイアをちりばめた象牙の板

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:14

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

テペ・ヒッサール啓示

懲しめのために衰えた。われわれが主に尋ね、――その時には明けの星は数えることができる。柔和な者の笑いはかまの下に朽ち、倉は荒れ、穀物がつきたので、女はパロのために』と書き、また一歳の雄羊の燔祭と夕の出る所をしてくれて、われわれはシオンで犯され、町もことごとく倒される。エッサイは七人の大臣カルシナ、セタル、アデマタ、タルシシ、メレス、マルセナ、メムカンであったとしても、清い人も、食べることができなかった者が神の聖所であがないをするならば主は疫病か、つるぎで逃げる

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる