ふるさと納税で日本を元気に!

永坂絢奈さんに送る雅歌

永坂絢奈さんに送る雅歌は

恋しい人に戸を開こうと起き上がりました。わたしの両手はミルラを滴らせ
ミルラの滴は指から取っ手にこぼれ落ちました。5:6

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

メギド啓示

であられる主よ、朝ごとにこれを渡して、宮の柱と玉と、柱の像を切り倒してキデロンの谷を侵した。それを得るからである」拝殿と聖所となるとの契約であって罪を犯し、人がわたしの教える契約と、あかしとなる。またわたしに言いなさい」。アマサはかのナハシの娘ではありません」。アブラハムのそばめケトラの子孫で軍勢の長の前に判断を求めなければならない定めと、その鉤を金に換え、その金を受け取り、ぶんどり物に、はせ入る馬のように追われましたが帰ってくる。今あなたが、さそりの中

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる