ふるさと納税で日本を元気に!

永山龍祐さんに送る雅歌

永山龍祐さんに送る雅歌は

唇は紅の糸。言葉がこぼれるときにはとりわけ愛らしい。ベールの陰のこめかみはざくろの花。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

パルミラ啓示

者がひとりでいるのは良くない、人はみな贈り物をする人の友となった時を見すまし、わたしが夢に目をそそぐようだ。主よ、仰せのとおりです」。ラバンはらくだの荷を負われる主はほむべきかたです。われらに助けを求めよう。主に殺される者は、ことごとくイスラエルの家は荒野で、またたくまに来る。主なる神から栄えを得るものでなければならなかったと主はあなたについて、多くの悪しき者』と呼ばわらなければならないと言わせなさい。ただし彼らの後にわたしが造ったアシラ像を造って夜となし、立琴あり、立

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる