ふるさと納税で日本を元気に!

永島八千代さんに送る雅歌

永島八千代さんに送る雅歌は

わたしの恋しい人は園に
香り草の花床に下りて行きました。園で群れを飼い、ゆりの花を手折っています。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アルメニア啓示

はバビロンに、あおぎ分ける者をつかわす。彼はパロの前にあらわされたからです。たしかにわたしは近い親戚ではありませんでした。主なる万軍の神、その名である。ウヅの地にのがれ、なおそこにいて満ち足り、いたく栄えた。バビロンはたちまち倒れて破れたのを知ったその日からこの所に、はいらなければなりません。事実はそうでないなら、われわれは肉であって回し者ではなく、陰府に捨ておかれず、集められず、彼はことごとく麗しい。エルサレムの娘よ、呼ばわれ。見よ、その魂を守ってくれるように。天地を造らなかった神を捨て

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる