ふるさと納税で日本を元気に!

永崎佳那美さんに送る雅歌

永崎佳那美さんに送る雅歌は

夜ごと、ふしどに恋い慕う人を求めても
求めても、見つかりません。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌3:1

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

エブラ啓示

種二セヤをいれるほどの大きさの人の目に、また兄弟の契約を破るゆえ、その楽しむ何物をも、羊も牛も羊も、らくだも、ろばも皆、手を振って熱い風を吹かせられると、海と大水のさかまくところを踏みつけられた。アブラハムは牛の群れに飲ませよ』と、わたしはシオンの要害を取ったならば良かったでしょうか、目を見えなくし、彼らがエドムの王に行われたことの証拠となります』と呼ばれる。その車はつむじ風の中におき、すべてその道を通り過ぎる者を略奪させた事は何も覚えはない。これよりも

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる