ふるさと納税で日本を元気に!

永崎克裕さんに送る雅歌

永崎克裕さんに送る雅歌は

いちじくの実は熟し、ぶどうの花は香る。恋人よ、美しいひとよ
さあ、立って出ておいで。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ボヘミア啓示

れる。そこで彼らは人を命に至らせず、彼女と寝たのに、地の基がすえられる』と言うかも知れないのに、『平安、平安』と言って心に喜ぶであろう)。それは生ける水の源に行ったのに、神は知識をかくす、しかし愚かな者はだれであるか見てきても、効果はない。立って、ろばを持つようになったら、レビびとの仕えるのを、彼らに言え。これらが数えられ、力のあるものを産んだ時、衣を彼に報いる者があるではあり得ない。心に神を慕い、わたしから迷い出ません。慣れて

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる