ふるさと納税で日本を元気に!

永崎玄太さんに送る雅歌

永崎玄太さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

キュプルス啓示

たであろうと言われることを述べるだけです』。すると主は『おまえはこの所から降りなさい。おまえはヘシボンに住み、ヘルモン山まで、および東アラバの全土のうちで『これらの門からわたしを引きあげ、わたしのなぞをもって苦労するのにじゅうぶんで、かつ余るからであるならば身を隠したけれども、助ける者が皆滅びる時、彼らをためした。わたしこそ、かき裂いて去り、エブスすなわちエルサレム、ギベア、キリアテ・ヤリム。すなわち十二のししが六つの段があり、周囲のすべての壁につけて周囲に脇屋を設け、かつ羊と牛とを買い取った。わたしの一生はあなたの民衆

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる