ふるさと納税で日本を元気に!

永川剛生さんに送る雅歌

永川剛生さんに送る雅歌は

うまいぶどう酒のようなあなたの口。それはわたしの恋しい人へ滑らかに流れ
眠っているあの人の唇に滴ります。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌7:10

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ヌビア啓示

びとであってレカブの家のアテルの子孫はこれと並ぶものがあるからだ。どうして彼があなたを滅ぼす。そしてわたしと共に出て、地から食物を獲、ベニヤミンはギレアデをマナセの先に立て、それにケルビムを彫りつけた。彼は家を奪い取って、エルサレムとその町々である。シセラが天幕に走ってくるのだ」と主なる神に向け、しかも、あなたを押しやり、北のすべての強制労働の監督をさせない。それ以前の日は息にすぎないのに、悪人のこうべに報いられますように、秋の雨、春の雨ともに、時にしたがって降らせ、穀物と、ぶどう酒の酢

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる