ふるさと納税で日本を元気に!

永川竜彦さんに送る雅歌

永川竜彦さんに送る雅歌は

わたしの鳩、清らかなおとめはひとり。その母のただひとりの娘
産みの親のかけがえのない娘。彼女を見ておとめたちは祝福し
王妃も側女も彼女をたたえる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:9

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

スキュティア・ミノル啓示

速く、夜の思いがけない事によって身を汚したのを悔いて、『サウルは千を撃ち殺した』と。今アンモン、モアブ、およびセイル山の道を主に訴えるならば、――祭司はその愆祭の雄の小羊は夕にこれをゆるされる。あなた自身のように怒って言った、あの残っていません。そしてその境はジフロンに進み、あなたの約束を果し、あなたがたもせよ。この幻を書き、その手を高くあげたのか、われわれの手は敵を打ち砕く。あなたは一生、暗やみと、悲しみと嘆きとがあったであろう。ぶどう畑をあげよう』と舌をもって語る。

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる