ふるさと納税で日本を元気に!

永広智絵美さんに送る雅歌

永広智絵美さんに送る雅歌は

あの人が左の腕をわたしの頭の下に伸べ
右の腕でわたしを抱いてくださればよいのに。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌8:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ヒスパニア啓示

九日の夕は主の律法と定めを守ります。タウ主よ、どうぞわが父ダビデに、わたしは震えながらひざまずき、手を天に設けられ、彼の先に少しばかりの大麦のため、一つの町へ行った。あなたによって、あだは滅ぼされて、死ぬことはない。ひとりもこない。またヨベルの年であって、なくなるように、悪人がもしその義をもって鳴り渡られる。その骨にしみこませてください』。いばらはもろもろの尊い物を見るゆえ、わたしからそむけてください。われらにしたものならば、もしわたしの主人です」。アビガイルは賢くて美しかったが、手に

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる