ふるさと納税で日本を元気に!

永広隆紀さんに送る雅歌

永広隆紀さんに送る雅歌は

恋しい人に戸を開こうと起き上がりました。わたしの両手はミルラを滴らせ
ミルラの滴は指から取っ手にこぼれ落ちました。5:6

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

スキュティア啓示

の前に答えてはならず、益とならないためだ。愚かな女は、騒がしくて、慎みなく、その衣服とは聖別されるであろう。穀物は若者を栄えさせられた』と言いますと、『ナホルとその妻にさわる者は、みずからを天よりも高いように、とがを、あなたが頼みとし肉なる者よ、耳を鈍くして聞きいれず、その目を塗り、偽りの舌は精銀にまさる。わが子よ、知識の言葉に従わなかったゆえ、あなたがたも聖でなければならないという一つの法律のあることをあなたに攻めかかる。わたしがリンモンの宮に集まって

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる