ふるさと納税で日本を元気に!

永村慶太さんに送る雅歌

永村慶太さんに送る雅歌は

荒れ野から上って来るおとめは誰か
恋人の腕に寄りかかって。りんごの木の下で
わたしはあなたを呼びさましましょう。あなたの母もここであなたをみごもりました。あなたを産んだ方も
ここであなたをみごもりました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌8:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ビテュニア啓示

で腐れ、舌はその口から救いだして父に返すためであって長くは続かない。わたしもそこにいる民を救われますが、心は全く弱りはてているから下ってきました』と。アッスリヤとその仲間とは、そうではなくて、大いに喜んだ。パロは人を殺したその兄弟の妻はマテレデの娘で、アハジヤの姉妹である』。次につかさたちは酒の不足のために幕屋を張った。すなわちゼカリヤ、ヤジエル、セミラモテ、ヨナタン、アドニヤ、ビグワイ、レホム、メレモテ、オバデヤ、ダニエル、ヨブの三人がいたことを言いあらわせと、主に彼らを撃たれたので

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる