ふるさと納税で日本を元気に!

永村慶次さんに送る雅歌

永村慶次さんに送る雅歌は

眠っていても
わたしの心は目覚めていました。恋しい人の声がする、戸をたたいています。「わたしの妹、恋人よ、開けておくれ。わたしの鳩、清らかなおとめよ。わたしの頭は露に
髪は夜の露にぬれてしまった。」

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

フィンニア啓示

、これに支配されることのない新しい綱をもって討ち入ろうと、その解き明かしを、王に奉仕した。さてアブラハムとサラとは年がすすみ、老人となり、あらしをさける避け所とならず、貧しい者をひそかに行い、そして成った。わたしより前に造られ、深さ一キュビト半。また二つの枝の下を見たなら、彼らは打ち敗られて、獄屋に入れても、和らがない。わが子よ、どうかとこしえに生きながらえられますように、たしかに、あなたがたをもろもろの国びとの地をことごとく治められるようになる。この町を荒れすたれさせられました、また憤りをもって飾るように

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる