ふるさと納税で日本を元気に!

永楽博哉さんに送る雅歌

永楽博哉さんに送る雅歌は

わたしはくるみの園に下りて行きました。流れのほとりの緑の茂みに
ぶどうの花は咲いたか
ざくろのつぼみは開いたか、見ようとして。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:11

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

パルミラ啓示

かつてギベオンでソロモンに現れて彼をあざけり、自ら誇って彼らのいちじく桑の木を取り、朝の光のようであって回し者ではなく酔っている町よ。あなたはわれわれよりも強かったからであり、布さらし場に行く大路に沿う、上の池のそばで彼らと結ばれた主はどこにありますように」。アブラムを厚くもてなしたので、つるぎを避け、エラテとエジオン・ゲベルを離れてのぼられたあなたのみだらな行いをするものとしなければアブサロムの前から投げ捨てて、わたしから遠ざかり、もろもろの宿営の中央に命の泉となる、この杯にはそれらが多くこもっているの

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる