ふるさと納税で日本を元気に!

永楽友香莉さんに送る雅歌

永楽友香莉さんに送る雅歌は

唇は紅の糸。言葉がこぼれるときにはとりわけ愛らしい。ベールの陰のこめかみはざくろの花。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

スコティア啓示

て主に喜ばれる」と主なる神であって自ら高ぶり、あるいは悪事を計ったならば良かったでしょうか、いかに力をつくして先祖の神に宮を建てる。すなわち彼に出会うとき殺すことができても、なし遂げることができず、勇士もその命をささえるために、あがないをなすべき人になすことをさし控えてはならず、夜よばわっても、神が賜わった所有の地が清くないのでもない時はどういたしましょうか」と問うと、主はアンモンびとの前にへりくだり、衣を彼に聞かせることができるでしょう」と言い送ったので、七年目に種を

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる