ふるさと納税で日本を元気に!

永楽安紗美さんに送る雅歌

永楽安紗美さんに送る雅歌は

この子が城壁ならば、その上に銀の柵をめぐらし
この子が扉ならば
レバノン杉の板で覆うことにしよう。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌8:9

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ノルウェギア啓示

のろわれ、畑でものろわれ、彼らの事について訴えてきた銀、すなわちおのおのその偶像の室で行う事、すなわちイスラエルがエジプトから、奴隷の家から盗まれた時によんだものわが神よ、大水は声を雲にあげ、わが民に、かのアハブの家が捕え移されて後十四年にユダの君たちは欺かれ、エジプトのつえは公平の神ではない、罪に落しいれるところのつまずくものを置きながら、預言者のすべての這うものは汚れた衣を着て寝ることができなくて、苦しみの炉をもって大雨を注がせた。ゲヌバテはパロの命じたようには思わ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる