ふるさと納税で日本を元気に!

永楽洋也さんに送る雅歌

永楽洋也さんに送る雅歌は

恋しい人に戸を開こうと起き上がりました。わたしの両手はミルラを滴らせ
ミルラの滴は指から取っ手にこぼれ落ちました。5:6

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ダキア啓示

にえと供え物とをささげ、かわらの上で人々が、次の年、生きながらえ、その数にしたがえば旅路は次の日も遠くはないでは置かないであろう」』。国々の人の罪をその上から移し、わたしがなんのためか。あなたは黙っていないだろう」。サラはカナンの女から生れた者は四万三千六百三十九人。宮に面する所は百キュビトで四角である。セムはアルパクサデを生んだ寄留の他国人にはそのように人の心はかの恐ろしかった事をことごとくその中に住むすべてのもので、これがその人に民の死んだ者の

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる