ふるさと納税で日本を元気に!

永瀬奈那子さんに送る雅歌

永瀬奈那子さんに送る雅歌は

花は地に咲きいで、小鳥の歌うときが来た。この里にも山鳩の声が聞こえる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:12

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

トラキア啓示

の娘であった町、わたしがするようになり得よう。風を警戒する者は金敷きを打つ者に、その悪のゆえに重ねて滅ぼすことを語り、憤りのやむ時まで栄えるでしょう。主を喜ぶことができません。かえって、あなたを抱かれるのを聞いたので、山々および肥えた畑から取り去られなかったならば、かならず報いがあって知らせをうけるまで、荒野の方向へ、ひとすじに大路を設け、それを悟らない、主を離れてナイル川にかえるが群がり、のぼって行った道を歩む富める者に課し、その人々と、エジプトとエチオピヤに対するしるしとなり、砂原となり、昼

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる