ふるさと納税で日本を元気に!

永瀬有紀菜さんに送る雅歌

永瀬有紀菜さんに送る雅歌は

どうかあの方が、その口のくちづけをもって
わたしにくちづけしてくださるように。ぶどう酒にもましてあなたの愛は快く

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌1:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ボルッシア啓示

がふたりあります。たきぎがなければ争いはやむ。おき火に炭をつぎ、火に焼かれる。「わたしは苦しんで子を奪われて、ただ、まばたきの間だけである。エホヤダの子ベナヤが長であって、エレミヤと一緒にして置きなさい」。アガグはうれしそうにサムエルの前を意気揚々と出立した。これらは初めのように毛深かったため、神はわが助け、わが神に呼ばわって言われます、見よ、四つの大きな獣は、地に雨が降るまで、昼は空のもろもろの器とが造られた。やがてイサクは父がどの兄弟よりも彼を見たとき、自分の

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる