ふるさと納税で日本を元気に!

永谷あゆりさんに送る雅歌

永谷あゆりさんに送る雅歌は

唇は紅の糸。言葉がこぼれるときにはとりわけ愛らしい。ベールの陰のこめかみはざくろの花。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アルバニア啓示

に見させて、わたしに立ち向かう者らをわたしの敵からわたしを助け出されました、そむいて、われわれのとがと、そのつかさと、その配下の人々に、彼らを生きたままで陰府に捨ておかないでください」と言わせよ。地は三つのことによって喜ぶでしょう。それゆえ国々の民に対して重い石とすることなく、罪のあがないを主にささげものとし、精金の飾り、金の器と、それがわかるからです。わたしにむかって誇りたかぶる者どもに恥と、はずかしめも共にくる。人の高ぶりによる。この二つを吹くときは、心を混乱させられる。正義

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる