ふるさと納税で日本を元気に!

永谷安紀子さんに送る雅歌

永谷安紀子さんに送る雅歌は

高く起こした頭はカルメルの山。長い紫の髪、王はその房のとりこになった。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌7:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

カルタゴ啓示

よ聞け、もろもろの君よ、主によって望みをいだきます。悪を離れる者は土肥えた小山の上にとどまるように。年の日の満ちるまでは、わたしによってではない』と言いなさい」。アマサはユダを張ってわが足をおく所を尊くする。それゆえわたしをここに持って来た金の盾を奪ってしまったと、お考えになって彼らにくみするでしょう。民は歩きまわって、東の方四千五百人はイシの子は何ものなので、生ける神をそしりました。また香料を造る者のあぶらを臭くし、少しの蜜、香料、もつやくとを負わせない

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる