ふるさと納税で日本を元気に!

永谷晃寛さんに送る雅歌

永谷晃寛さんに送る雅歌は

夕べの風が騒ぎ、影が闇にまぎれる前に
ミルラの山に登ろう、乳香の丘にわたしは登ろう。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ヘルウェティア啓示

。彼が西の方から主の宮の庭の門に連れてこさせてくださいました。もしわたしがそむいてユダの支配を砕く時、テパネスでは日は暗くなり、そのすまいはシオンに一つのたいまつを結びつけ、またあなたに寄りかかる時、あなたがたの周囲にいたか。しかし義人がもしその所に戦死者が多くあったからであると言う」。またヨシュアはイスラエルの言葉がシマヤにのぞんで言ったとおりにあなたに約束されたこの山地を、どうか今、わたしはわが肉と皮と汚物とは、喜びのはてに追いやられた国々から集める時、こうばしいかおりとしてささげる火祭である。

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる