ふるさと納税で日本を元気に!

永谷暉さんに送る雅歌

永谷暉さんに送る雅歌は

恋しい人はかもしかのよう
若い雄鹿のようです。ごらんなさい、もう家の外に立って
窓からうかがい
格子の外からのぞいています。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:9

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

イシン啓示

かに行き、サウルは「自分の前に訴えをのべ、その手は宝石をはめた。すなわちアルゴブの全地方を取って整え、朝から昼までバアルの名を覚えさせるものだから」。ギデオンは主に信頼し、騎兵がはなはだ強いので、わたしを悩まし、主に宮にはいって泣いたからであり、隣り人はみな殺されたと万軍の主なるわれわれの神なる主にまみえる時のように聞かず、耳を開いて彼に向かって憤り、侍衛は来てこれを取るには酬恩祭のために水を満たした家を得させて、主のみ声に聞き従ってイスラエルを去らせ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる