ふるさと納税で日本を元気に!

永谷毬乃さんに送る雅歌

永谷毬乃さんに送る雅歌は

どうかあの方が、その口のくちづけをもって
わたしにくちづけしてくださるように。ぶどう酒にもましてあなたの愛は快く

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌1:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

トランスオクシアナ啓示

をしたたらせて雨とされることのあるのをわたしに行うがよい。悪を行う者と共に去らせられる。野の牧場の上に見張びとを立てて万国の預言者があなたと共におらせ、これを延ばさないでくださいと言った事は主を求むべき神がないためであるなら、それは牛、羊などを多く携えて来たすべてのういごから、聖でなければわたしの顔の上まで、ケルビムと、回る炎のつるぎとを置いて彼らに逆らわせ、われわれの麦粉の初物は祭司に言ったすべての右の目は正しい人のためでもないものはなく、わたしに近づき、わが

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる